PHARMACEUTICAL SCIENCES

アミノ酸合成で培われた光学活性化合物の製造技術をベースとして、医薬品原薬(API)・中間体の受託製造を行い、製薬業界の発展に寄与しています。また、学術機関、バイオ技術、製薬業界のお客さま向けに、GMP(医薬品の製造管理および品質管理の基準)グレードのペプチドAPIも製造しており、プロセスの策定から商業向けの製造まで対応しています。

アミノ酸

光学分割技術を活かした化学合成法による各種医薬品アミノ酸を製造しています。L-、D-アミノ酸に加えて、輸液用アミノ酸、特殊アミノ酸、各種保護アミノ酸の製造にも対応しています。

酵素(医薬品および体外診断薬)

世界の医療市場に向けて、質の高い酵素や特殊なバイオ化学薬品を製造し、世界のパートナーと協力して供給することで、製薬や臨床化学試薬、POC/バイオセンサー機器など幅広い用途に対応しています。
発酵に注力した研究開発・製造受託(CDMO)企業として、酵素およびダウンストリームの精製に関する専門知識を提供しています。その中核には、大腸菌および酵母菌の発酵、植物組織の抽出、大規模なバイオプロセス、タンパク質の精製、バルク調合、凍結乾燥、分析的検査などがあります。

細胞・組織製品

新しい治療法を開発するためのADME(薬物の吸収・分布・代謝・排泄)、DMPK(薬物代謝と薬物動態)、DDI(薬物相互作用)に関する研究用のテストシステムや、特定の病気に関する研究用のテストシステムを提供しています。

開発業務受託(CRO)

世界中の製薬企業やアカデミアを対象に、ADME(吸収、分布、代謝、排泄)、DMPK(薬物代謝、薬物動態)、DDI(薬物間相互作用)の調査および報告におけるエキスパートとして、医薬品開発を総合的に支援しています。